強迫性障害の
診断と治療

強迫性障害は、自分でもつまらないことだとわかっていても、そのことが頭から離れない、わかっていながら何度も同じ確認をくりかえしてしまう病気です。
たとえば、不潔に思えて過剰に手を洗う、戸締りなどを何度も確認してしまうといった症状があります。

治療

心理療法と薬物療法を組み合わせて治療をおこないます。心理療法では、主に認知行動療法の考え方に基づいた治療をおこないます。個別の事情によって治療方法は異なりますので、上記のような症状がありましたら、当院へご相談ください。