認知症の診断と
治療

物忘れは、年をとれば誰にでもおこるものです。
しかし、単なるもの忘れでも、認知症のひとつの症状としてあらわれるものもあります。

​認知症を疑う物忘れの症状:

  • もの忘れをしたことを、忘れていないように取り繕う
  • 物事の段取りが分からなくなる
  • そもそも、もの忘れかどうかも分からない
  • 場所や時間等が分からなくなる

上記はあくまでもめやすです。
認知症治療は、医師による適切な診断が必要です。
認知症は、進行する病気ですので、早めの対策が有効です。もの忘れで気になることがございましたら、是非当院にご相談ください。